母なる大地の子どもたち


ライズエイジア東京事務局代表より・ごあいさつ

日本・フィリピン友好年記念事業 フィリピン子ども民族舞踊団「母なる大地の子どもたち」日本公演2006は、全公演・交流プログラムともに大好評の内に無事終了することができました。此もひとえにご協力頂いた各地の主催者様、後援をいただいた在フィリピン日本大使館様、フィリピン大使館様、舞台制作関係者様のご尽力のおかげと、心より御礼申し上げます。本当にありがとうございました。

6月5日に帰国した舞踊団の子どもたちは、翌日から早速、新学期の始まった学校に通学しはじめ、日々の生活に戻っていきました。「フィリピンと日本の友好を深める文化使節」という大役を果たした子どもたちは、人間としても表現者としても一回りも二回りも大きく、そしてたくましく成長したように感じます。自国の文化に誇りを持ち、自己の可能性を信じ、 表現者(アーティスト)として懸命な努力を続けている舞踊団のメンバーの姿を見ていると、「母なる大地の子どもたち」の支援活動をやってきて良かった!と改めて思いました。

皆様には、引き続き母なる大地の子どもたちへのご支援・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。また次年度以降、公演開催をお考えの方はお気軽に相談ください。

ライズエイジア東京事務所 理事長  桑原 彰



Copyright(C) 2006 Second Line co., ltd. and Rise Asia. All rights reserved