ライズエイジア

2005.May

■2005年5月号:1/2

「母なる大地の子どもたち」民族舞踊公演!

「母なる大地の子どもたち」代表 ベン神父の講演会!我らがTOSHIのトークショーが愛・地球博で連続開催されます。ふるってご参加を!グレース・ノノ&ボブ・アベスグループ公演レポートは次のページにあります。

フィリピン・スモーキーマウンテン子ども民族舞踊団「母なる大地の子どもたち」愛・地球博公演
名 称:愛・地球メッセージイベント 愛・地球セッション
「循環型社会の実現にむけて 子どもたちからのメッセージ」
日 時:6月5日(日)
昼公演開演/16:30
夜公演開演/19:30
会 場:愛・地球博 長久手会場EXPOホール
出 演:母なる大地の子どもたち
※夜公演には、安城南中学校の生徒さん達が特別出演します。
日本・フィリピンの子ども達による合唱等が予定されています。
問合先:052-957-2025  愛・地球メッセージイベント運営事務局
ライズエイジア マニラ事務局ディレクター トシ上田トークショー IN 瀬戸愛知県館
名 称:コラボレーション空間「にぎわいの里」特別催事
エコトークバトル VOL4
テーマ「愛知発 国際派」
日 時:6月5日(日)  開演/11:00
約1時間を予定しております。
出 演:トシ上田、萩原 善之(県民参加ワーキング・グループリーダー)
会 場:愛・地球博 瀬戸会場 瀬戸愛知県館1階「にぎわいの里」
入場料:無料(博覧会への入場料は必要となります)
※先着45人入場
問合先:052-951-1551 県民参加事務局

フィリピン・スモーキーマウンテン子ども民族舞踊団「母なる大地の子どもたち」愛・地球博公演 公演予定演目

(※変更する場合もございます)

PROLOGUE: INSULTO SA BASURA (Inang Daigdig)
プロローグ:人類がどのように母なる地球を荒廃させていったか、また子どもや若い人たちがどのようにその地球を守るべきかを表現するダンス。
MALAKAS AT MAGANDA:
熱帯雨林の中で伝説と伝統に包まれ 、ミンダナオのManubosは自然と共存してきた。
ある村に伝わる話にこのようなものがある:ある日鳥が竹の中から聞こえる不思議な音を聞きつけ、それを割ってあけてみた。。そこにはMalakas(強い、の意)とMalanda(美しい、の意)という人類最初の男女がおり、二人は多くの子どもを産んだ。その子どもたちが成長し、親となって、島の偉大なる人々すべてを生んだ。
IDUDU:
北部山間民族のダンス。種まきと収穫の儀式、父親・母親の役割の変化を表現;かつては父親が赤子を寝付かせ、母親が畑を耕し、穀物を収穫していた。
RAIN SEQUENCE:
雨期における農民たちの楽しさ溢れる様子を表現。台風や洪水といった自然の脅威をまねする事で、フィリピンの人々はユ−モアのセンスを身につける。
RICE SEQUENCE:
フィリピン人の主食である米。苗を植え、収穫し、脱穀する...農民たちは骨の折れることばかりの農作業から一休み、祝祭を楽しむ。
SALA TI MAIS:
北部の民族Ilocanosのトウモロコシの収穫を祝うダンス。生きるために必要な恵みのすべてを授けてくれる至高神に捧げられたトウモロコシのさやを特徴的に描く。
PROCESSION:
行進:多くのフィリピンのダンスにのこる、キリスト教の色濃い影響を見る事ができる。
ANAK NG PASIG:
Pasig川の川岸に住むManilennosが、ゴミを捨てる事によって川を汚染していった過程をダンスで表現。マニラ中心部のすべての川同様、このPasig川も生物学的には死んでしまっている。
PANDANGGO SA BULIG:
Buligは泥の中に住む魚。漁師小屋に掲げられた小さなガス灯にひきよせられて集まってくる。漁師はそれを、salakabという竹製の罠で捕まえる。このダンスは1964年にBocaueの漁師によって初めて披露された。
BALAMBAN:
トビウオのダンス。
PASIGUIN:
かわいい女の子を虜にするのは難しいーそんな様子を、美しく、捕まえようとするとすぐに逃げてしまう魚を網で捕ろうとすることで、比喩的に表現する。
PANDANGGO SA BULIG:
Buligは泥の中に住む魚。漁師小屋に掲げられた小さなガス灯にひきよせられて集まってくる。漁師はそれを、salakabという竹製の罠で捕まえる。このダンスは1964年にBocaueの漁師によって初めて披露された。
フィリピン・スモーキーマウンテン子ども民族舞踊団 代表 ベン神父 講演会
名 称:新たなスモーキーマウンテンを夢見て
ベン神父講演会
日 時:6月6日(月) 開演/11:00
約1時間を予定しております。
出 演:ベン神父と母なる大地の子どもたち
会 場:愛・地球博 瀬戸会場 市民パビリオン 対話劇場
入場料:無料(博覧会への入場料は必要となります)


ベン神父

※ベン神父は、愛・地球博市民プロジェクトから「地球を愛する100人」に選出され、ベン神父からのビデオメッセージが博覧会会場内で上映されています。

 

 


フィリピン・スモーキーマウンテン子ども民族舞踊団「母なる大地の子どもたち」関西公演スケジュール
6月8日(水)  開演/10:00  於 大阪府守口小学校
6月10日(金) 開演/10:00  於 大阪府守口第一中学校
6月12日(日) 開演/14:00  於 大阪府守口エナジーホール
公演のお問い合わせ先:学校法人吉川学園 早苗幼稚園内
スモーキーマウンテンの子どもを支援する会(担当:吉川)
Tel.06-6991-2595
Fax.06-6991-2656
2005年日本国際博覧会(愛・地球博)
会期:2005年3月25日〜9月25日開催
会場:愛知県東部丘陵(長久手町/瀬戸市)
入場料(当日券):大人4,600円
中人2,500円(満12歳以上18歳未満)
小人1,500円(満4歳以上12歳未満)